篠原の玉藻稲荷神社

ほんで
雨の日のお出掛けの最後は
篠原の玉藻稲荷神社です。
玉藻、といえば
そう、知ってるよねぇ!るーびっくきゅーぶならぬ
きゅーびの狐でござんす!
京の帝を取り殺しはぐったこの狐は
空を飛んで
那須野ヶ原にやってきたんです。
ほうして、都からは狐を追って
武将がやってきました。
三浦介・上総介もそん中の一人。
狐を取り逃がし
ここ、鏡が池のほとりで休んでっと
一匹の蝉が木に止まってたんで
何気なくその下のいずっぽに目をやっと
なんと!うづっていだのは
九尾の狐!!
早速矢を射かけて退治したわけ。
その魂はこれまた、なんと!
那須のお山に飛んで殺生石になりましだ。

ほんで
ここにはその後
玉藻の霊をお祀りし
玉藻稲荷神社がおっ建ち
九尾の狐は人を助けるお稲荷様となったんですなぁ…。

不思議な事に
このいずっぽもまた、雨乞いをすっと必ず雨が降るっつって
人を助けてくれたんですよ。
このいずっぽン中には
じじ石・ばば石っつうのが沈んでて
水を干上げて
ばぁちゃんの方の石を拝殿に上げておくと
じぃちゃんの石が寂しくって泣くんで
あめが降んだそうです。
昭和30年代までやられてだそうです。

そうそう
この時の勢子には大野っつう姓の人らが駆り出されたんだそうで
大野っつう苗字の人らは
学校の遠足でこの神社に来たとき
「お前らの御先祖は退治した方だから御参りしんな!」
ってゆわれて、境内には入れで貰えながった
そうな。
DSCN0698.jpg

DSCN0699.jpg

DSCN0700.jpg

DSCN0702.jpg

DSCN0703.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード