宇都宮の篠井ってゆうのはね…

篠井っつうどごあんね。
あすこはなんで篠井っつうのか、っつう話しなんだけんど。

弘法大師の話になっちゃうんだけんど
あのお方は、全国に逸話を残してんだよね。
この
篠井もそうなんだけっと。
弘法様がここを通り掛かった時、すんごくのどが渇いでいで
どっかに水はないもんかと探したら
篠藪ん中に池をめっけだんだって。
ほんで、喉を潤す事がでぎだんで、篠の井、篠井とゆう地名になったんだそうだよ。
その、池がこちら
DSCN0131.jpg

DSCN0132.jpg
近くのおばちゃんは
上小倉の人で、S38年の8月
同級性が上平(うわだいら)の橋ごと流されで
阿久津でヘリコプターに助けられた経験を持っでおります。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おばんです。

篠藪は今はなぐなっちまったんだね。

不思議だね。

新聞に獅子舞の記事載ってたね。
腕のいいカメラマンでよがったね。

Re: No title

こらこらこらこら!!!
腕も被写体も好いっていわんか~~~(笑)

篠井の池の近くのおばちゃんが
これまた、いい味だしてんだよ。

いまっと過ぎっと
国営放送でも好い被写体がうづっから。
また
ブログでもお知らせしっかんね(*^-^*)
プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード