そして、須賀神社さん

駅前にはあっちゃこっちゃからお集まりのお囃子会の皆さんが…
IMGP1418.jpg
須賀神社の法被は白って決まってんだってよ(^.^)
IMGP1428.jpg
掛け声の方も独特‟アンゴッテンノウ”ってきける。。
IMGP1430.jpg
前にはお飾り
IMGP1433.jpg
後ろには宮司さん
IMGP1425.jpg
この暑さで結構びだまって大神輿を何度も下ろしてたんだけっと
あるおぢちゃらが話しでんのを聞いでたら、貴重な話しがきけだんだよ。

むがしのお神輿は今んのよりまっと軽かった。
けんどそれなりに重いんでよくおっこどしたんだって。
話してたおぢちゃんの知ってる限りで2人は死んでんだって。
一人は鍛冶屋のおぢちゃんで、腹がぶっつぁけて腸が出っちゃったそう(+o+)
その鍛冶屋さんには必ずお神輿がドーンと置かれんだけっと、それはわけ~しがいっぱいいっから
担げっつう事なんだって。
何でもむがしは町内から町内に渡す方法で担いでたんだそうだよ。
特に2日目は田園地帯に行ぐんで
農家の人らは体力あっから夜中揉んで朝方須賀神社さ帰ってきたんだそうだよ。
その頃
あんまし担ぐのに支障が出たんで(戦争?)一旦止めることになったんだけっと
代わりに姫神輿をこしゃって出すようになった(昭和35年ごろ)
そのうちやっぱり神輿を担ぎたいっつう事になり、復活しんのに大変だったんだって。
だって以前に死人も出てんだしね。
そこで、色んなとこを直して桁なんかも履かせたり、親棒も太くしたりして
復活したんだってよ。ただ~、神輿もケヤキでしっかりこしゃったりなんかしたんだもんで
前のより重くなり(2トン)、担ぎ手がすぐびだまっちゃうようになっちまった、とおぢちゃらの見解。
予期せぬとこで
氏子歴40年のおぢちゃんにでっかせ、ほんとにラッキーーーーーーーーーーーー
(´艸`*)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード