上三依のお薬師様御開帳

25んちの月曜は上三依に行っだよ。
っつうのも、東京の知り合いの獅子舞研究家から連絡がきで
「三依の芹沢薬師の御開帳に合わせて獅子舞の奉納がある」
と聞かされだがら。
きいっちゃったら行ぎだくなっちゃあべな!(^^)!

此処のお堂のながには
六部に運ばれてきで、此処の二軒先のうちでお茶っこよばれたら
こんだいごかねぐなっちまって祀られだ
お薬師様がおられます。
IMGP0773_20150527061849033.jpg
三十六歌仙の額もあります。
IMGP0775.jpg
この中に見っと、目ぇがちゃぶれっちゃうとゆわれて
ずっと秘仏であった薬様がおられます。
IMGP0777.jpg
十二神将や観音様なども一緒におられますが、十二神将などは
子供の遊び道具になってたんだとか( ̄□ ̄;)!!
IMGP0778.jpg
外のお地蔵様もいいお顔です。
IMGP0784.jpg
台の下の細工がこれまた凄い!!
IMGP0793.jpg

IMGP0798.jpg

IMGP0804.jpg

IMGP0805.jpg
目洗いの水を確認に行っだら、カモシカに遭遇。
聞いたら「昼間に出てくんのは珍しい。運がよかったね。」ってゆわれましだ。
IMGP0807.jpg
その‟目洗い”の水は少し下野街道寄り。
大正時代に無理に開帳したご住職の目ぇが潰れっちゃて
わびて、この清水で洗ったところ、片っぽの目ぇだけめぇるようになったんだって。
IMGP0809_20150527062059b24.jpg

御開帳の仏様は載っけっとみんなの目ぇが潰れる恐れがあんで
掲載しません(≧▽≦)

ほんで、自治会長さんが前にわだしの話を聞いだことあったなんてゆわれで
ここにもご縁がおっこってましだ。
また、上三依の学校の校長先生が、娘の同級生のお父さんだったんで
ほんとに世間っちゃあ、せまっ苦しいもんだぁ(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード