長者様の遺跡

長者が平の近くには
あれやこれやとそれに関係した地名が残っでいんだよ。

長者様んどごには
勘定しきんねぇほどの馬がいだ。ほんでその馬だぢを飼ってだどごが
厩久保(うまやくぼ)
そんな馬の蹄鉄やら鋤鍬やらをこしゃんのに鍛冶屋さんをいっぺぇ雇っでいだ
鍛冶ヶ沢(かじがざわ)
どぶろくが「どんだけ~~」ってほどあったんでそこらが白くなったっつう
小白井(こじらい)

この小白井については、帰りに読み方をおせて貰う気になって
寄っだうぢのおぢちゃんがおせてくれだんだけっと
このおぢちゃんげの四ざし門の足が
ブットイ御影で、凄い!!と思って聞いだところ…

何でもおぢちゃんのお父さんががっこの先生で
荒川小が移転すっとき 1本100円で買ったんだってよ。
ほんとは6本必要だったけっと、4本しか買えねがったんで
其の儘2本は木の門柱なんだって。
門の屋根の傾斜は数学の先生だったお父ちゃんの設計だっつたなぁ(^^)

またお邪魔したいと思います(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード