ダイマナグの事

わだくし、この度
民俗研究の道に携わる…はずねぇべ!!

ふざけんのは止めて、こんなの聞いだごどあっけ?!

それは暮れの12月8日
裏のとんぼんどごさコト笹を三又に組んだやつと
そこにあずき粥をあげて
夕方5:30っ頃に
うぢに入って貰うんだ。

ふんで
翌年の2月8日まで
うぢ神様らと一緒に接待してよ
悪いことやら疫病やらを撒き散らさないように頼んで
ひっけぇして貰うんだって。

この厄神様が
ダイマナグっちって
一つ目の神様なんだってよ。

ひっけして貰うどきも
気を使うんだよ。

7日の夕方ダイマナグ(コト笹)をおっ立てて
履物はみんなおっ込んでおく。
そうしないと、履物に判を押されて
履いた人が病気になっちまうんだとか…

翌朝
7:00っ頃に、出てって貰うんだってよ。

この風習を伝承してんのは
栃木じゃ、2、3軒しかないんだって。

このお宅にはその他にも
不思議やあったらもんがやたらと
あったらもん!!
IMGP6880.jpg
オカマ様(竈の神であり作神でもあり)

のでんぼ 大正月には〇のまま大神宮様と歳神様に小豆粥を付けてあげる。
小正月には裂いたやつで36膳をオカマ様などの神々と12膳を堆肥などにあげる。
IMGP6879.jpg

道の端に祀られてた御幣束
IMGP6876.jpg

IMGP6875.jpg
玉音放送も聴いたラヂオ
IMGP6881.jpg


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード