足利周遊記エピソード5

木村浅七邸に行ぎましたが
この人は明治の時代に
為替レートでもって外国と商売をしていた人で
日本でも個人では一番の絹織物問屋だったんだって。

明治の工員さん達

IMGP4352.jpg

日光への社内旅行の写真ですって

IMGP4349.jpg

自宅の造りも庭も
ほんとに素晴らしいから
一度見に行っでみで下さい(^^)

さて
はあそろそろ疲れも出てきたし
帰ろっかと国道293を走っていると
目に付いたのが
樺崎八幡宮の標識
最後に見て行ぎましょう…ってんで
寄ってみましだ。

IMGP4354.jpg

ここは鑁阿寺さんの参内の中の一寺だったんだって
樺崎寺ってゆわれていたんだよ。

IMGP4361.jpg

IMGP4362.jpg

IMGP4364.jpg

本殿

IMGP4356.jpg

本殿の下に
義兼さんの遺骨が埋まっているとゆう言い伝えがあります。

IMGP4357.jpg

博物館の尊氏展の中に厨子に入った
大日如来様があったけんど
あれは此処にあったもんですと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード