金花猫大明神(独鈷沢)

三依の独鈷沢には
弘法大師ゆかりの沢があんで
こうゆー地名になったんだとか。

通り掛かったワダシの目ぇに石碑と立札が。
DSCN0350.jpg

DSCN0351.jpg
江戸の終わりっころにその事件は起きだ。
お江戸に向かっていだ殿様の行列のマイを
一匹の猫が横切ったんだと。
ほんで
家来が無礼者!!てんで切り殺したら
そのあと、殿様が訳もわがんなぐ
熱にうがされだ。
医者だ薬だと騒いでもよぐなんなぐっで
最後は拝み屋さんに聞いだどごろ
「猫の祟りだ。」っつうごどになっで
家来が此処まで来てよ、土地の人の名前で供養塔をおっ建てだところ
殿様も救われだんだって。
いがっだなや。おっちんぢまわなぐっで。
DSCN0353.jpg
向かいの山葵屋さんのおばちゃんに聞いたどごろ
「独鈷沢の水は鉄道こしゃったんで出なぐなっちゃったんだ。
却って流れがこの先の吉沢(?)の方にいっちゃったんだよ。
ザーザと出てるわ。」
との事。

人間なんてラ・ラ・ラ・ラララ・ラ~ラ…。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード