血方神社さ(その3)

血方神社は
元々はまっと北っ返しにあったんだそう。
江戸の終わりのころに
偉いやり手で、不思議な力を持った宮司さんが入ってきて
神社を立派にしてくれだんだって。
その宮司さんは
目のホシ取りっっつう目の病を治すまじないをやったり
飲むと傷が膿まない薬をこしゃったりしながら
一方で
露天商に戸板をいぢんぢいくらで貸したり
金儲けもうんまぐ
儲かったお金で、社殿をこしゃって神社の為に頑張ってくれていたそうな。
その方の奥津城がこちら
DSCN0120_2017041321091781d.jpg
案内してくれだ清一さん。
雨の中、お墓まで行っで下さって
ほんとに有り難い!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード