FC2ブログ

妙義神社その3

妙義山って
見たまんま、岩盤で出来ている。
DSCN2229.jpg

DSCN2232.jpg
自然の中にいるって
DSCN2235.jpg
いいな~~(´▽`)
DSCN2236.jpg
わだしは今…未確認飛行物体を呼んでいる。。。
DSCN2239.jpg
社務所。兼…
DSCN2240.jpg
宮様の御殿?
DSCN2241.jpg
屋根をおっぱがす。キエ~~!!
DSCN2243.jpg
わだしの指の先を辿ってみて。
DSCN2244.jpg
大の字がめぇっけ?
修験道の人らの修行の場があんだって。
DSCN2210.jpg
そっから更に奥に行ぐと
例の“のぞき”もあんだってよう!!

妙義神社その2

かなりの古木の跡
DSCN2213.jpg
上からの眺め。
結構な石積みがあんでお城でもあったんかとお聞きしてみたら
250年っ位前に土留めに積んだんだって。
DSCN2216.jpg
遂に拝殿が近くなってきた。
DSCN2217.jpg
ゴージャスな楼門を抜けると
ゴージャスな拝殿が!
DSCN2218.jpg
金の御幣束
DSCN2220.jpg
あうんの龍を見て!
DSCN2222.jpg

妙義神社さん

この度の旅
榛名神社さんからの
妙義神社さん
DSCN2204.jpg
山岳宗教への誘い
DSCN2205.jpg
赤門ってやっぱし天皇家と関係があんだかも。
DSCN2206.jpg

DSCN2207.jpg
じゃんじゃんじゃんじゃ~ん!!火曜サスペンス!
DSCN2208.jpg
イキテル…。インテル、ハイッテル…。
DSCN2209.jpg
摂社に着く
DSCN2211.jpg

碓氷峠の随道跡

碓氷峠の旧道を行ぐ訳です。
ほすっと眼鏡橋を見っことが出来ます。
んだから
ドンドンいぐ訳です。
DSCN2193.jpg
随道、沢、随道、沢、の繰り返し。
DSCN2194.jpg

DSCN2195.jpg

DSCN2196.jpg

DSCN2197.jpg

DSCN2199.jpg
どんだけ随道を掘ったんだか…。
DSCN2200.jpg
やっと眼鏡橋に出っかセル!!デーゼル?!
DSCN2202.jpg

今年もやります。衢のはなし

夏がやってきますねぇ!
そう、夏っつうとやっぱし、これでしょ?!

今年もやっから来でおぐんなんしょ!
衢のはなし 其の五

日時  7月21日(土) 夕方6時~
場所   日光大室高靇神社
木戸銭  千円 飲み物付き


今年もおんもしぃ話、興味の沸く話、エロエロ揃えて待ってるよ。
みんなしてきでおごれ~!
待ってっかんね~!!

お問い合わせは 
さとう もと子 携帯  090-5210-6610
高靇神社      0288-26-6240

榛名神社その3

DSCN2144.jpg
本殿の裏はご神体が現れだとゆう岩にひっついております。
DSCN2151.jpg
ご神体が姿を現した!!お幣束が上の方に差してある。
DSCN2156.jpg
ツヅラ岩。見事!!
DSCN2158.jpg
こうもり。見事?!
DSCN2160.jpg
滝。見事!
DSCN2163.jpg
戸んぼがわがる?山岳の修行者がおこもりしたんだねぇ。
ほれ、佐貫観音の戸んぼン中とおんなじ。
DSCN2166.jpg
三重塔もあり、東照宮とも重なるべぇ。神仏混淆。
DSCN2172.jpg
別当の坊さん達が輪番で務めた番所跡
DSCN2181.jpg

DSCN2182.jpg

ほうして戻ってくるわけだ。

しっかりした楼門
DSCN2186.jpg
そして
こんなところから~!ひょっこり!!
DSCN2187.jpg
ひょっこりはんにはじまり、ひょっこりはんに終わる。
ん~、マンダム!!

榛名神社その2

この渡り廊下?!の真ん中に
サエの神のお社がありましだ。
DSCN2118.jpg
道ろく神様もサエの神だったよね?
DSCN2120.jpg

DSCN2122.jpg
武田信玄が矢を立てて戦勝祈願したとゆう
矢立杉。
DSCN2133.jpg

DSCN2136.jpg

DSCN2137.jpg
えい、やっと!本殿に着きましだ。
DSCN2143.jpg

榛名神社

こんなところから~!ひょっこり!(笑)
DSCN2091.jpg
楼門もしっかりした見事な楼門。
DSCN2094.jpg

DSCN2098.jpg
この岩、鞍掛岩っつう岩です。
DSCN2105.jpg
トマトで成功した方からの奉納。いがったねぇ。
DSCN2112.jpg
むがしは山岳信仰の場。今は観光客の為の改良?
こんなとこをおっかなびっくら登り降りしてたんだねぇ。
DSCN2116.jpg
うお====!おもty~!ジモティー!!
DSCN2117.jpg

榛名神社への序奏

伊香保温泉を抜け
榛名神社へ参詣へ。
最近、わだくしの趣味及び研究は
神社にかなりの傾倒をしております。

少し手前にある榛名湖
DSCN2083.jpg
ほんでカーブを抜けでいぐと
なんか、め~てきた(゜o゜)
DSCN2084.jpg
ほう、ごりっぱ様!男根岩、って書いでんね。
子安信仰だね。
DSCN2087.jpg

エヨエヨ、榛名神社さんの参道に到着。
参道には別当の建物がエ~ッパイ
DSCN2088.jpg

DSCN2090.jpg
さ、こっから参道を歩ってくよ。
最初は産道から出てきてんだから~!!

初めで天然の鹿に遭遇(◎_◎;)

そう
清滝寺さんの帰りに
稲荷町を通り掛かったら
ゆ~ゆと鹿が道路を渡っでゆくではないすか?!
なんなん?!
DSCN2076.jpg
あ、こうゆ~ワケ!!
DSCN2078.jpg
んでも、魂消たマルゲリ~タ!!

神橋の風鈴

神橋を通り掛かっだどころ
新聞にも書いであった風鈴が飾られでましだ。
DSCN2074.jpg
だから…?
ん~、そんだけ(-"-)

今年も清滝寺さんの御開帳に参加す

ここのとこ
何だか忙しく調子も悪く
更新が滞っております。
そんな中
7月10日、日光の天台宗は清滝寺さんの御本尊様
千手観音の御開帳があり
寄せていだだぎましだ。
この度はまたアッタラシイあったらもんな情報をいだだぎ
この為に呼ばれだんだな、っと納豆くぅ!!

これが勝道上人の使っていだ杖
DSCN2063.jpg
若いご住職に協力をしてむらっで(´艸`*)
ちょい、ひょっこりはんっぽい(笑)
DSCN2065.jpg

ほんで
これが寛政時代にここにおこもりしで願を掛けでいだ女ってらの
名前を彫り込んだもの
DSCN2069.jpg
オピトに彫られでます。
DSCN2070.jpg

庭に如意輪観音様がいらっしゃるのに気付かなかっだ
船乗り観音とゆ~そうで大変珍しいんだって。
DSCN2072.jpg

ここのおでらには
あの有名なそうめん地蔵の1体があり
庭のしらみ地蔵さんとともに近くの割れ山の湧水んどごに
祀られでいたそうな。
タマタマ近くにおしゃんこらしたおぢちゃんにおさって
ほんとにいがった!!

和久の勢至菩薩様

和久の畑ん中から
掘りだされた菩薩様。
何時頃、誰が、どんなふうにしてこの土地に持って来たのか
わかんないけんど
和久の8軒のうぢでお祀りしてきたもんです。
数年マイ、その中の一軒のお宅のおばちゃんに
色々おさったけんど
おばちゃんも亡ぐれて
この度おせて下すったのは、その倅さん。
お堂も石造りの立派なもんになっでましだ。
元は
お堂の手前におでらがあって
むがしは賑やかにお祭りをやったんだそう。
DSCN2029.jpg
掘りだされだ時、腕がおっちょれっちゃったみたいだよ。
DSCN2034.jpg
ほして
親園地区のオコシンサマのかけじも見せでいだだぎましだ。
DSCN2030.jpg

DSCN2031.jpg

耳ド様

耳明堂様っつうお堂が
大田原市の南っ返し、滝岡地区にあります。
何時頃、どんなイワレで出来たんかは
もはやだぁれも知りません!
普通、薬さまなんかは
主に目の病に御利益があるっつうとっから出発しますけんど
耳…ねぇ…?!
誰か耳にしてねぇかい?
ユワレ…?
DSCN2027.jpg

DSCN2028.jpg
今回改めて気づいだんだけっと
この方は地蔵さんだったんだね…。
足利の耳垂れ地蔵さんと共通項かなぁ…?
特に不思議なのは
お椀を借りていっで、それでご飯を食べっと耳が治るっつう
なんとも
繋がっとこのないこの拝み方。

続きを読む

星野の領域

芳姫様の御堂の傍に
大応寺さんとゆ~おでらがあり大ヒバがあります。
DSCN2014.jpg

DSCN2015.jpg
そっから出だして右っ返し、暫く奥にいぐと
地層の見られる領域があり
DSCN2016.jpg

DSCN2017.jpg
大正時代の水を利用した発電機の痕跡も
見られんです。
DSCN2018.jpg
でも
こんなこといっちゃあなんだけっと
寂びれた印象で、ちょっと怖かった。。。

小山氏の妻

小山義政の奥方様の
芳姫の墓があるのは出流山の北方
星野の里
DSCN2010.jpg
ホントの墓へは…チャレンジ…
できねかった(;^ω^)
DSCN2011.jpg

DSCN2012.jpg

DSCN2013.jpg
芳姫は夫を追って
この峠に差し掛かったとこで
一夜の宿を乞うた。。。相手は此処に住んでたきこり…。
寝静まった芳姫一行、男は お付きの女達と共に
明日の朝、殺してしまおうと考えた。
なんでかっつうと
世話になるお礼にと、懐から幾ばくかの金子を出したその時
胸元がやけに膨らんでんで、たんまり持ってんだな、とふんだわけ。
ほんとはただグラマラスだっただけ、、、
ではなくて
干し飯が入ってたんだっつうんだよね~。
うんまいことゆわれで、誘いにのって
姫が、切られだとこに生えてきたのが、
芳草っつう花で、茎んとこが血を吸ったんで赤いんだそうな。
プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード