烏山城を探索

山あげ会館隣の
商工会で、鈴木学芸員さんの講義がありましだ。
烏山城の事、ちょっと詳しく知ったとこで
実際
登ってみないとわがんないこともあっから…。
ここは…いぐでしょ(゚ω゚)ノ

DSCN1745.jpg

DSCN1746.jpg

DSCN1747.jpg

DSCN1748.jpg

DSCN1749.jpg

DSCN1752.jpg

DSCN1754.jpg

DSCN1757.jpg

DSCN1758.jpg
山城なのにとんでもなく広い!
侍屋敷もいっぱいあったし、塩蔵なんかも。
歩って見て感じたのは
完璧に要害で
地図がなければ迷子になるか、って位分かりずらい!
敵が攻めてきたってなんぼのもんじゃ~!!なんじゃもんじゃ!
沢村(那須)五郎資重さん
い~い場所めっけたねぇ。
ほんで、堀親昌が城主の時には
参の丸をこしゃったそうだが、その頃におこったのが
お六姫の悲しいお話し。2っつになる権之助を残しで
自害しなけりゃなんなかったお六姫。

このお姫様についでは 天正寺さんにもゆかりがあり
せんに お訪ねしてんで、改めでお話しさせでいだだきますね。

那須烏山 烏山城築城600年記念

きょうは
那須烏山市でエベントがあんだっつうんで
出掛けて行ぎました。

山あげ会館では
入場無料・駐在さんとの700日戦争の上映
ほうして
子供歌舞伎を見してくれましだ。

何年ぶりかの勘助じいさんは歳とんないねぇ~~~(笑)
酒はやっぱし、東力士
DSCN1735.jpg
子供達の熱演に
会場大盛り上がり、おひねりの嵐の歌舞伎
DSCN1740.jpg
演目は蛇姫様
DSCN1741.jpg

DSCN1743.jpg
すんばらしい!!

長瀞ライン下り

雷電神社を後に
酒飲みしてっからトイレが近い!!っつう難関を通り抜け
わだしらは長瀞へ。。。

ん~~、あっつ~い
ライン下るより腹くだっちゃった人もいる中
さっそぐ、乗船。
残念なのは、水位が低くっで
ただの渡し舟状態だったことかな?

ツアーだったけんど聞いでみだら
「普段は1600円(違ってだらメンゴ)ですが、今日は600円です。」
とのこと。
ふ~~ん、そうなんだ…ただそれだけ(笑)

そんな長瀞はこんな感じ
DSCN1700.jpg

DSCN1702.jpg
なんかな~~、いいねぇ~。
DSCN1703.jpg
これはこれで 癒されっから(´▽`)
DSCN1713.jpg
なんの責任なんだかわがんねけっと(´艸`*)
責任役員の○田さんと、ニッコニコ!!
DSCN1715.jpg

まんずワイン、
酔っ払いと一緒の旅もなんのその!
わだしもちゃ~んと
真面目モードの語り方と宴会用の語りっ口調は心得てっから
おぢちゃらもおばちゃらも大喜び!!
ほまちも稼がして貰っで、褒めで貰っで
こんな楽しいバスの旅ならまいんちだって構ね。
たんだ
わだしも頻尿気味だから、パンパース履いでかねとだめだかもしんねけっどね(大笑)

あ~
ほんで…
ライン下りの傍に
宝登山(ほどさん)っつう山があっで
そこさ火伏の神様が祀られでんだわ。

宝登山神社さんはこちら

今回は、時間の関係でズル抜けだったけんど
行っでみたいなぁ。。。
時間の関係で(ほんとはおばちゃらのグイ推しで?)
帰りに寄っだ“花園フォレスト”は
確かにいがった!
たまにはおばちゃらの意見も聞くもんだ(≧▽≦)

板倉雷電神社さ、イッグ~~!!

わだくしの
お世話になっでる大室の高お神社の
お隣りの針貝の神社の氏子さんらと一緒に
ナント、このタビ、旅をしてきましだ(^o^)/
行方は
上州、板倉の雷電神社、そして長瀞\(~o~)/
長瀞なんと、数十年ぶりリアント!!

兎に角
えがいバスに乗っかって、(まさしく宴会場と化すわけだけんど)
ワイワイガヤガヤと行っちゃうわけです!!
いい塩梅に酒かっくらって、いい塩梅に話題はシモの方に向かって
数時間。。。
まずは
雷電神社さ とうちゃっく~~。さぁ、オマエリに…
と思いきや
「ナマズくぁせっから、こっちさこ~~。」
「え~~、まんだ御参りしてねぇべさ~」
と言いつつ、そっだな珍しいもん
ありつかないっつう失態はできねぇ!と
一緒にごっつおに。
あ、味ね、アジは鯵より淡白で臭みもないしうんまいよ~。
とはいえ、やっぱし好き嫌いがハゲしいわだくし、
やっと半皿を食べたとこでリタイヤ冬タイヤ。
このお魚は随分と精が付くんだっつうんで
おぢちゃら大喜び!!

それよりっか
折角の総本宮・雷電神社だもん、じっくりオマエリしたいよ。
DSCN1682.jpg
さっすが!総本宮の威厳たっぷり。道を隔てて社殿?があんのは
後から道ができっちゃったせいなんだって。
DSCN1679.jpg
とても立派な彫刻
DSCN1683.jpg
芸能の神、弁財天さま。
DSCN1690.jpg
ナマズの頭をなでると
自信が、つく!!地震がこない?!…語呂合わせ過ぎ(笑)
DSCN1692.jpg
五代綱吉から葵の御紋を許された由緒。格天井も見事らしい。
DSCN1697.jpg

氏子さんらは
組の人らの「雷除け」のお札を受けておりましだ。
こういった講は続けでいっで欲しいもんです。

興野の嵐除け地蔵

結構
庶民の願いが凝縮された地蔵様だと思いません?!
嵐除けって
農家にとっては大事な事ですから。

このお地蔵さんは
どうなんでしょう、そのお背中で嵐を受け止め
逃してくださるのでしょうかね。
背が真っ赤ちっかになると
嵐がくんだけんど
決して此処には被害がない。
ほんで、ここらのおばちゃんは
今でも お念仏を絶やさない、っと、まぁこういったお地蔵さんなんです。
竹にお団子とお札を挟む習慣は
まんだ…未体験!!
DSCN1675.jpg
何年かマイ、お念仏を見学させでいだだいたっけ(´▽`)
DSCN1678.jpg

那須烏山 興野の清水地蔵

那須烏山のおでらによばられだもんで
興野の清水地蔵様のお話をさせでいだだこうと思い
しばらぐブリリアントに
お参りさせでいだだぎましだ。
こちらの仏様は
それこさ源平合戦の時に
壇ノ浦の海から、滝田の領主がひらい上げたもんです。
なんと!!
あのゆ~めいな平清盛さんの持仏だそう。(う~ん、ちょっとエガイけんど(汗))
DSCN1674.jpg
“聖徳太子いませんでした説”が浮上する中
聖徳太子作!!
DSCN1669.jpg
冥府の十王に守られで
DSCN1671.jpg
お立ちになっでいらっしゃいます…。

佐竹寺を発見!!

常陸太田に足腰を延ばし…?足を延ばしでした( *´艸`)
よばられだおじちゃんちにいぎ
エロんな時代の物をみしていだだいだ後
佐竹寺にお寄りしましだ。
DSCN1664.jpg

DSCN1666.jpg

DSCN1667.jpg

DSCN1665.jpg
佐竹氏は那須氏とも随分と関係が深かったんで
なんか因縁を感じたねぇ。
家紋が扇っつうのも
那須与一宗隆公とイメ~~ジが重なっちゃうよねぇ~~!!

東野鉄道(その2)

東野鉄道の遺構を探す旅再開
那須与一伝承館有志を乗せで
西那須野駅マイから出発
此処こそが貨物のホーム
DSCN1646.jpg
ほんで
乃木神社マイ
DSCN1647.jpg

DSCN1648.jpg
え~っと、此処が大高マイ
線路を埋めっちまってなんとする!!
DSCN1649.jpg
龍泉寺さんとこを入ると車じゃイケメン?イケヤ?!イケナイ!!
歩っでいぐと蛇尾川に掛かる橋の手前に随道がアンデス。
DSCN1652.jpg
覗くとこんな!
DSCN1651.jpg
青木温泉んとこが中田原停車場
金丸原の駅を過ぎて、笠石、ほうして湯津上の駅に
貨物のホーム、列車のホーム
DSCN1654.jpg
停車場の屋号も
DSCN1653.jpg
箒川に掛かる鉄橋を支えた支柱跡
専門用語?!で ピンヤ!!
DSCN1655.jpg
ここに繋がってたんだね。
DSCN1656.jpg
小川駅の駅マイ通りにはこんなものも。
DSCN1657.jpg
後は馬頭を通過して常陸大子に繋がる青写真を
追跡してみましだ。
境の明神んとこは山に阻まれでだけど…
分かるよね?!
DSCN1659.jpg
依上(よりかみ)も越え山を越え谷を越え
大子駅に行ぐと
C12の機関車が。
DSCN1663.jpg

DSCN1662.jpg

非常に実りある旅でした。
この、丁度いいタイミングで常陸太田の一回しかあってない栗原さんから
「うちに来て」
とのお誘いがあり、物見遊山で行っちゃっだんです。

久木八幡宮の太々神楽

せんに
市貝の杉山にある久木八幡宮の太々神楽を見に行ぎましだ。
此処の神社の神楽保存会は
活気があって子供達もいっぺぇ来で
見学組にとっても
ほんと楽しかったです。
DSCN1630.jpg

DSCN1632.jpg

DSCN1633.jpg


DSCN1642.jpg

DSCN1645.jpg

道の駅みさとさ寄る

駅には 案山子がいっぱい!
DSCN1627.jpg
ドッヒャ~~!!!
100%アキラじゃん!!
DSCN1628.jpg

道標

右小里(おざと・常陸太田棚倉街道より)
左入四間(いりしかん・御岩山門前)
との道標
DSCN1619.jpg
掘ったのは
信州の高遠石工
確か~…那須塩原の寺子の地蔵さんもそうだったような…。
DSCN1618.jpg

種殿神社に出っかせる

常陸太田から帰ってくる途中
携帯に電話があったんで止まって話してっと
娘が神社をめっけましだ。
ふ~ん、種殿神社ねぇ~…。
栃木にはないんぢゃないかい(-"-)
DSCN1623.jpg

DSCN1624.jpg

DSCN1625.jpg
お手水石がオサレ!!
DSCN1626.jpg

ふ~ん、種殿ってなんの神様なんかな??

鵜の岬のうららの湯

鵜の岬には
うららの湯っつう有名な温泉があり
鵜をつかめる為の鳥屋があんです。
お湯を堪能しつつ、鵜の事も知れるっつうのはいいよねぇ。
んで、行ってみましだ。
DSCN1610.jpg

DSCN1616.jpg
ところが・・・!
お湯を堪能しすぎっちゃった(;^ω^)
公開は2時までだった!!
DSCN1617.jpg

海に向かって憂さをハラスメント…!
DSCN1614.jpg
んで鵜は檻ん中にもいんだぁ( *´艸`)
DSCN1608.jpg

DSCN1604.jpg

御岩神社にお礼に

御岩神社には
昨年、娘の安産をお願いしてきておりましで
お礼参りに行ったわけです。
季節が違うと景色も違うもんです。
DSCN1579.jpg
水芭蕉~の花が咲いている♪
DSCN1580.jpg
ショウジョウバカマ
DSCN1582.jpg
カビレの神様をこちらに呼んだ
薩都神社の神様が祀られでいます。
DSCN1584.jpg

DSCN1588.jpg
お堂の
この錠前は凄くいい!!威厳を感じるねぇ。
DSCN1586.jpg

続谷城祉に行ってみる

続谷の闇靇神社に行っでみだどき
知り合いのおぢちゃんが
「続谷城があったどごに行ってみっかい?」
っちゅうので
案内して貰いましだ。
ほんで
おでらがあったどごや
旧小貝中学校の校舎の写真をみして貰いましだ。
城跡
DSCN1572.jpg
学校があったどご
DSCN1573.jpg
市塙と小貝が合併して市貝になったんだって。
小貝中は国会議事堂を模してこしゃったんだそう…。今はない。
DSCN1578.jpg

裏の?!DCキャンペーンガール

きにょう(4月1日)の
下野新聞企画特集号の
とちぎおもてなしメイツ
パスポート体験
っつう
DCキャンペーンの関連ページ見たけ?

那須与一伝承館のとこに
満面の笑顔を讃えた
わだくしが載っているのを
ご覧いただけただろうか…?

…っつうことで、
大田原市さ来たら
是非 那須与一伝承館に来てみてね(*^-^*)
大田原ふるさと大使のわだしが勤務してっ時は
みんな!ラッキーだよ~ん!!
えっ?
アンラッキー?!
んなこたないって!
楽しく解説しっちゃいますよ~(^O^)/
プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード