FC2ブログ

浜田正司の家

益子に行っだので
浜田庄司の家にも行っでみましだ。
ここは
益子陶芸美術館の同じ敷地にありますが
案内図を見なければスルーっとスルーすっとこどっこいでした。
まさしぐ日本家屋で庄屋クラスのでかさじゃないですか!
じいちゃんちを思い出します…。(暗に良家の出と言いたい(笑))
DSCN1564.jpg

DSCN1565.jpg
かまど。ブルボンは…ルマンド(≧▽≦)
DSCN1566.jpg

益子には
皆川マスさんとゆ~山水画の有名人もおったんだわね。
DSCN1568.jpg
浜田さんは達筆でしたなぁ…。
DSCN1567.jpg

ほんで
この後、益子焼のお店を巡ったんだけんど
芸術は芸術、生活は生活だなぁ、とつくづく…。

闇靇神社春祭り

きにょう
わだくし、益子の美術館に青磁を見に行ぎまして
その足で
市貝の闇靇神社にお邪魔したわけです。
わだしが出仕しておる高靇神社と
この闇靇神社の神様は
まさしく御兄弟!!

ほんで、市貝には坂上田村麻呂が来て
闇靇神社に巣ぅ食ってだ太郎坊の鬼を
退治してくれだっつう流れができています。
ただし、口伝です(^^ゞ

歴史的には
那須与一の先祖様から発して
幾たびかの災難に遭い
野呂さんとゆ~旗本が社殿をこしゃったとゆ~事です。

何度か御参りしましだが、社殿の中をみして貰ったのは初めて。
宮司さんとも初めてお目に掛かりましだ。
DSCN1571.jpg

案内してくだすった〇瀧さんには市貝の桃太郎(トマト)を頂き
感謝感激です!!

これがまた、すんごくうんめがった!!

皆様、市貝のトマト、宜しくです(^_^)/
  (市貝トマト広報宣伝部勝手に副部長)

当大田原市から舞子はん

知り合いのおgちゃんから
「親戚の子が舞子をやってるんだ。法事でこっちに帰ってくるから
舞を見にこないか?」
と、連絡を貰ったのは今月初め。
丁度お休みをとって
歴史講演を聞きにお隣の県さ行ぐ予定だったんで
「途中、座を外して、大急ぎで帰ってきます!!」
と予約して、約束のふれあいの丘さふっ飛びました。
10分っ位なんてゆっでたけんど
とんでもない!!
4曲も舞ってくれて、質問コーナーもあっで
帰りにはお金が舞妓んでくるっつう
千社札までもろて
「うち、幸せドス~~(*^-^*)」
ふく那ちゃんはナント!京の舞妓80人の中の
トップ3!
トリノの路面電車の車体に描かれ街をマインチ
行ったり来たりしてんだよ(≧▽≦)

19歳の彼女の
初々しくも凛とした舞…心が洗われる~~!
DSCN1546.jpg

DSCN1547.jpg

DSCN1549.jpg

DSCN1550.jpg

DSCN1551.jpg
と~ぜん、2ショット、イグでしょ!!
DSCN1542.jpg

久次良神社に御参り

久次良町に
ちょっと確かめたい事があり
足を延ばします。

ん?!
久次良神社って…あるんだ…
お参りしっかな。
行っでみて魂消たよ!
平成16年に“1100年祭”をやってんだよ!スンゴイ神社!
DSCN1539.jpg

DSCN1540.jpg

DSCN1541.jpg

DSCN1538.jpg
久次良町は50年っ位マイに
鉄砲水で 町中にあった養魚場の魚がみいんな上に登ってしまい
その後
県やら市やらに頼んで砂防の堤防をこしゃって貰ったんだそう。
堤防ができたのは10年っ位マイだそうだよ。

日光市稲荷神社の御祭り

今日は
稲荷町の稲荷神社の創建800年のお祭りに行ぎましだ。
DSCN1525.jpg

DSCN1526.jpg
稲荷町は元は白糸の滝の方にあったものが
川流れっつうか、鉄砲水で流されて下に移動したと
聞いでおりましだ。

さて、楽人さんは
我が大室高靇神社の御祭りの楽人さん達です。
で、
この度は150mっ位かな?
雅楽を奏でながら移動するというミッションです。
ガンバッ(^_^)/
DSCN1530.jpg
ほして
無事にお祭りが終わると、記念撮影
DSCN1536.jpg
で、
ワダシ的に魂消っちゃったのが
これ↓
DSCN1528.jpg

DSCN1527.jpg

DSCN1529.jpg
隣の竜蔵寺さんにあんのとばっかり思っでましだ。
稲荷神社の境内だったとは!!

イギねぇちゃんが100歳に

ワダシの母方のおばちゃんが
Kホームにて100歳になりましだ。
職員さんの都合でお誕生会が1日のび
ワダシと母が訪ねた11日に。
一緒にお祝いすっことが出来て
ほんとラッキー!!

栃木県は
おじさんおばさんを何故かあんちゃんおねぇちゃんとよびますねぇ。
母はイキさんをおねぇちゃんと呼んでました。
本人も自分を
「イギねぇちゃん」
と呼びます。
DSCN1519.jpg

イキさん、元気に長生きし…

てんね!!(笑)

今年も付いでったアンバ様

3月3日
鹿沼のアンバサダーを体験に?!
「アンバサダーってアンバ様と似てるわよね!!」
でも
「全く別もんです。」(分かってるって?!)
今年、なんでかんで
最初の出発時点の神事を見たかったんです!
DSCN1465.jpg
日枝神社を巡る千度万度
DSCN1468.jpg
DSCN1469.jpg
DSCN1470.jpg

今年の件数は、悪魔祓いが200軒超、寄せる家は20数軒だそうな。
寄せる家は大変だよね。
DSCN1479.jpg
年々減ってきてるけんど
寄せると5~6万係るって聞くと、せんなき事だね。

鹿沼の雛巡り、特には豊田家

鹿沼のひな人形収集をなさっている
豊田先生のとこに
解説を交えてのひな人形鑑賞に行かせていだだぎましだ。
享保雛からの芥子びな、ワダシの狙いはここです!!
DSCN1493.jpg
横顔も凛々しい楽人さん
DSCN1494.jpg
白河の松平家の姫様が九州の松浦家に嫁にいぐとき
持ってった芥子びな
これに魅了されて、モ、一回見たい!!とずっと思っでましだ。
DSCN1491.jpg
このお道具が凄いっしょ?!指と比べてみで!
DSCN1495.jpg

ほんで
マルッチいお顔の次郎左右衛門雛や
大木平蔵さんがこしゃったお雛様など
説明を受けながら鑑賞したら
また、随分と利口になった気がします(*^-^*)
この後
ワダシは河内民俗資料館さ行ぎ、デッカセだおばちゃんにおさって
さくら市瀧澤家住宅の御殿飾りを見に行ぐ事になるのでありんす(^_^)/
瀧澤家では
京都の宮大工に頼んで
床の間に合わせた大きさの御所飾りをこしゃったそうな。
DSCN1516.jpg

烏山の泉渓寺さんにお寄りする

また
ずっと気になりつつ
お寄りできずにいだ烏山の泉渓寺さんにお寄りしましだ。
DSCN1456.jpg

ここのおでらは
元は下境にあったんだよ。
開山はあの、九尾の石をワッカイだ
源翁和尚
DSCN1452.jpg
DSCN1454.jpg

庫裡のチャイムを押したら
ご住職のお母様が迎えて下さり
話が盛り上がるわ盛り上がるわ!!!
「なんか面白そうな人が来たと思ったのよ。」
一見してそう思わす何かが出てるって
わだしも随分それらしくなったんだなぁ、と
感無量\(~o~)/
(…それらしぐ、って わだしって何者??(笑))
本堂にも寄せで貰い
勅額もめせで貰っだんだけっと
畳1畳っ位あるでかいもんでしだ。
DSCN1461.jpg

ほんで一緒に源翁さんの墓まで行っで下さいましだ。
DSCN1462.jpg
左の木の仏さまが古い墓。石は20年っ位前のもの。

遭難もあり?!解石神社

せんに
解石神社に登ってきましだ。
この神社のご神体は
キュウビィ・・・いや九尾の狐めの化けだ
殺生石の飛んだ一部っつうこと
で、数年前から狙っでおりましだが
蝮がでっからとかなんとかゆわれで
なかなかチャン・スゥがねがったのです。
この度
やっといぐ事ができ、45度の急斜面を登り降りして参りましだ。
すんごく急でヤバっ!途中までは手すりがあるけんど…。
DSCN1439.jpg

この岩は
きっとここに最初っからあったんだべけんど
空想をめぐらしたむがしの人らを
称賛します!!
DSCN1444.jpg
DSCN1442.jpg

そしで
ここから借りでいっだ石で
悪いどごを擦って治し、お礼に倍返しをする風習にも
心打たれ、小学生じゃないけっと
 称賛 です!!(笑)
DSCN1436.jpg
DSCN1435.jpg
途中でめっけだ繭
DSCN1449.jpg

鳥獣慰霊 珍しいね。
DSCN1451.jpg
プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード