栃木の太山寺(たいさんじ)さん

せんに
皆川のおでらで口演さして貰ったけんど
そん時に
栃木市の太山寺、通称おおやまでらに行っでみましだ。
ここには
下高島のお蘭ちゃん、そう、高島御前・お楽の方の
御手植えの桜があります。
やっと、見に行けましだ(^o^)/
お楽の方の
お父ちゃんのお墓はまいに見に行っだんだけっと
すんごく立派でしたよう!!
DSCN0461.jpg

DSCN0459.jpg

DSCN0458.jpg

滝の御前~不動滝

まずは
このどぜう、見ていだだきましょう!!
DSCN0612.jpg
そう
このどぜうはほとけどじょうとゆー学名。
わだしらうづのみやの子供らは
どどすこどどすこ…いや、‟ばばすこ”と呼んでましだ。
いまいぢの人はばばすこっちゃメスのクワガタ!!
ってゆってましたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

ほんで、本題
わだくし
ひょんな事で、ずう~~っと会いだい会いだいと思ってだ
精一さんにおあいすっことできましで
とーぜん、「竜宮の入り口をおせで下さい!!」
とお願いしましだ。
ほしたら
「ふんじゃ、乗っけでってやっか、デェトすっぺ!」
っつうことになって
ぐる~~と回って下さいましだ。
まずは、滝の御前から。
DSCN0614.jpg
滝の上には、滝つぼからめっかった
北向き地蔵さんがあります。
この地蔵さんをお祀りしてっからは
子供の病気、流行り病なんかはぴったり治まったんだとか。。。

ほして此処が、不動滝。
竜宮の入り口。
DSCN0615.jpg
ジンジャーがあります。この方が憧れの精いっつぁんです(*^▽^*)
DSCN0618.jpg
この滝んとこに穴っこがあって
そこが近くの横穴古墳と、御亭山と
地底で繋がってんだってゆわれております。
DSCN0616.jpg

DSCN0617.jpg
竜宮行ってみだ~い!
ふんでも行ったっくらきっとその後おっちんじまうんだよね(ーー;)

大室の蛇木のいわれ

明日の放送
昔話のさとも子屋
では、旧今市市の大室蛇木のいわれを話します。

和田部落から西にある沢又っつうどごに
むがし、鏡沼っつう沼があり
そこには えがい、蛇の主が棲んでいだった。
時には
近くの芝河原にも現れで見た人はもっけ病みになったっつうんだわ。
その大蛇がいつしか2キロっ位先の
大室の方さうづり棲んでいっだそうで
どうゆわけだか 大室には 蛇木 っつう字名が残っていんだわ。
その
鏡沼を探してきましたんでね、見ておぐんなせぇ。
少し前まではゲートボール場だったそうだけんど
今ははぁ、のっぱら・・・。
此処が沼だった事を知ってる人もはぁいねぐなってたねぇ。
DSCN0620.jpg

DSCN0621.jpg

DSCN0622.jpg

DSCN0623.jpg

高慶上人を知りたい

高慶上人はどんな方だったのか…
まいに
妙法寺さん(桜川市)ででっかせだ
舜義上人については
おでらの奥様なんかにおせで貰ったんだけんど
こんだ
栃木の‟圓通寺”さんさ聞きにいかなくっちゃなんないな。

兎に角
何回か行ってるはずの太平山に
この方のお墓があったことに 今回気づいたっつう事は、
きっとその時が来てんじゃないんかな(゚∀゚)
DSCN0463.jpg

DSCN0464.jpg

DSCN0465.jpg

DSCN0466.jpg

DSCN0467.jpg

DSCN0468.jpg

DSCN0469.jpg

DSCN0470.jpg

DSCN0471.jpg

那須高久丙北条の獅子舞

去年の秋
行っだとこが「忌を食ってやんない。」
とゆわれだ北条の獅子舞ですが
やっと今年はめしてもらえましだ(^^)/

ここ
北条はむがし
北条氏の御狩り場だったと伝わっているつう事です。

きにょうの演目は
‟せきもり”
DSCN0571.jpg

DSCN0574.jpg
俗にゆう
おかめひょっとこ
DSCN0577.jpg
すっこふくべですね!
DSCN0580.jpg
かなりな
刺激のある動きに
「NHKも栃木TVも放送してくんないんだよ。」
と地元のおぢちゃん(´艸`*)

村檜神社って…

あ~
ここ!!
ここが一回おまえりしたいと思っていだ
村檜神社!
DSCN0484.jpg

DSCN0485.jpg
階段の上に長屋門みだいのがあんだよ。
DSCN0486.jpg
拝殿と本殿
裏っ返しが岩盤になってんで、奥行きが出なかったんだって。
ほんで、今の宮司さんのおぢいさんが
門をこしゃったんだそうだよ。
DSCN0487.jpg
室町時代の歴史ある建物。
DSCN0488.jpg

DSCN0489.jpg
拝殿の柱には左甚五郎作の瓜の彫りもんがあって
災いが起きるまいには色を変えておせでくれたそうな。
ある人がなんか細工してあんだろうと、穴っこを開けて
調べようとした跡があんだって。
DSCN0490.jpg
普段は神官さんがいらっしゃらないんだけっと
わだしが行った丁度そん時に
御祈祷があっていらっしゃったとこにでっかせましだ!(^^)!

皆川の東宮神社

東宮神社の下に流れる
永野川にむじなが居たっつう話があんで
その、東宮神社を見に行ぎましだ。

ほしたら、すんごい立派なんで魂消っちゃった!!
なんでも近々流鏑馬があんだってよ。

DSCN0521.jpg

DSCN0522.jpg

DSCN0524.jpg

DSCN0526.jpg
神楽殿もあるっつう事は、太々神楽がだいたいあるっつうことだよね(^_^)
DSCN0523.jpg

生き子神社のおぢちゃんと山を登る(その2)

遂にわだくし
以前から行ぎたかっだ 姥石 を見っことがでぎましだ。
DSCN0539.jpg

DSCN0541.jpg
ほれ、十六羅漢が刻んである!
DSCN0542.jpg

DSCN0543.jpg
かなりのでかさ。割っかける前は9mあったとか。横からみっと
猫が寝てるみだくめ~だそうな。
DSCN0544.jpg
おぢちゃらのちんちゃい頃は此処に足を掛けて
登ったんだって(゜o゜)
DSCN0547.jpg
おぢちゃんにゼンマイの雄と雌をおせてもらいましだ。
てまいが雄で、灰汁が強いんだって。
DSCN0550.jpg
だいだら法師の足の跡。滝になってんだよ。
DSCN0551.jpg
これがおしとぎ。御神餞です。
DSCN0554.jpg
ほんとに、充実しだ いちんちになりましだ。
熊倉さん、島田さん、仲田さん、小室さん
その他氏子の皆様
お世話になりましだ。

生子神社のおぢちゃんと山を登る

生子神社のおぢちゃんにご協力頂いで
元々の樅山大明神のあったとゆわれている山の方さ
つれでっでいだだいだんですよ。
山にはとでも興味あるもんがありましだ。
まづは…

雷電神社
DSCN0527.jpg
こんぴらさん(琴平神社)
DSCN0528.jpg
此処に凡天が上がってます。
DSCN0532.jpg
此処に洞窟があって、戦時中は爆弾を隠しておいたんだって。
DSCN0529.jpg
石に年号が掘っである。
DSCN0534.jpg
この石、この石ですよう!上に回っと
DSCN0549.jpg
弘法の硯石!!(土地の人によっと、弘法様がなんかを書いたんだって。
雨が降んない時かんますと雨が降ったそう)
DSCN0535.jpg
むがしは此処にも梵天が上がってたんだって。
DSCN0536.jpg
案内してくれだ熊倉さん
DSCN0537.jpg
この三角点の右が樅山、左が山越、手前が塩山
DSCN0538.jpg

三谷の草庵さいぐ

せんに
専修寺さんの
一光三尊仏の御開帳に行ぎましだ。
むぢゅうになって見でっと
「もと子さん!」
と声掛けてくれだ人が!
真岡(二宮)で?誰?!
ほしたらなんと、大田原の知り合いのおばちゃん(^o^)
この方も好きもんなんだよねぇ~~
歴史が!

ほんで
専修寺さんを見学した後
三谷の草庵(親鸞上人が専修寺さんをこしゃったときに住んでた)まで
連れでっでくれましだ。
ご縁だね~~(*^^)v
DSCN0441.jpg

DSCN0433.jpg

DSCN0440.jpg

DSCN0434.jpg

DSCN0435.jpg
井戸の碑
DSCN0436.jpg

DSCN0437.jpg
当時
2キロの道のり、お上人様は
どんな気持ちで専修寺さんまで歩っていったんでしょうか?
専修寺さんはお上人様が明星天子にゆわれて
こしゃったんだって。沼のようにぐちゃっとしたとこで
そこに菩提樹と柳だったかな?それを植えてしばらぐして見に行っだら
土地が高くなってて、おでらを建てんのにいい塩梅だったんで
‟高田”っちゅう土地の名前になったんだそうな。

一光三尊仏は
15年後にまた、お会いすっことができます。
15年、元気に過ごしましょうよ(^o^)/

高田山専修寺さん

出雲大社常陸

笠間市 出雲大社常陸
ほう~れ!この注連縄の立派な事(゜o゜)!!
ここは出雲大社の言わば支社のようなもん
入口にレストランなんかのポスターがあったんで
商業地化してんのかな?って思って行き過ぎたんだけんど
常陸国総社宮の神官さんにだいじですよ、ってゆわれたんで
ひっけしてきましだ。
DSCN0422.jpg
胡麻みたくみえんのはお賽銭。
柏手を打ったら一枚チャリ~ンってw(゚o゚)w
DSCN0424.jpg

DSCN0425.jpg
御本殿
DSCN0426.jpg
下にはえろんな御利益のある龍蛇神社がありましだ。
DSCN0420.jpg

DSCN0421.jpg
桜もうづぐしぐ・・・
DSCN0432.jpg

常陸国総社宮

茨城の常陸国総社宮に行っでまいりましだ。
DSCN0414.jpg

DSCN0402.jpg

こちらのお宮は
なんと!栃木の皆川のお殿様がこしゃったとゆうんだから
ご縁って凄まじい!!
だって、こんだ皆川んどごのおでらにいぐんだよ。
口演に!
DSCN0407.jpg

ここの神官様他、皆様凄く感じが良く
お忙しい中
質問にも丁寧に答えでいだだぎましだ。
なんでも
あの、手塚治虫さんの御先祖様が
ここの藩の医者様だったことから、お守りやなんかの絵柄が
治虫さんのものだったんだよ。
DSCN0413.jpg

それと
9月にある例大祭は凄く盛大で10万人っ位観光客がくんだって。
すんご~い\(~o~)/
DSCN0400.jpg

ここの神社にお詣りすっと
茨城の全ての神社に行ったとおんなじ御利益があんだっつうよ。
みんならも一回は行ってみっといいんじゃない?

御神木
DSCN0401.jpg
随神門
DSCN0404.jpg

DSCN0408.jpg

DSCN0409.jpg

DSCN0410.jpg

DSCN0411.jpg
日本武尊の腰掛石
DSCN0403.jpg
下の方にあった国府
尊の腰かけた眺めのいい神聖な場所があんで
此処に総社宮をおっ建てたっつう事です。
また
太田道灌も奥州に行ぐ時
戦勝祈願をしたそうです。
プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード