足利周遊記エピソード5

木村浅七邸に行ぎましたが
この人は明治の時代に
為替レートでもって外国と商売をしていた人で
日本でも個人では一番の絹織物問屋だったんだって。

明治の工員さん達

IMGP4352.jpg

日光への社内旅行の写真ですって

IMGP4349.jpg

自宅の造りも庭も
ほんとに素晴らしいから
一度見に行っでみで下さい(^^)

さて
はあそろそろ疲れも出てきたし
帰ろっかと国道293を走っていると
目に付いたのが
樺崎八幡宮の標識
最後に見て行ぎましょう…ってんで
寄ってみましだ。

IMGP4354.jpg

ここは鑁阿寺さんの参内の中の一寺だったんだって
樺崎寺ってゆわれていたんだよ。

IMGP4361.jpg

IMGP4362.jpg

IMGP4364.jpg

本殿

IMGP4356.jpg

本殿の下に
義兼さんの遺骨が埋まっているとゆう言い伝えがあります。

IMGP4357.jpg

博物館の尊氏展の中に厨子に入った
大日如来様があったけんど
あれは此処にあったもんですと。

足利周遊記エピソード4・・だっだかな?

わだくしが
今回とっても興味をそそられたのが
このお方…

IMGP4342.jpg

みみだれ地蔵さんです。

IMGP4343.jpg


IMGP4345.jpg

名前の通り
耳鼻科のお医者さんです。

IMGP4347.jpg

足元にも古そうな仏様が…

IMGP4346.jpg

霊験を示す絵馬もあります。
エ、マァ!!」

IMGP4348.jpg

「昔はここに随分と遠くからお参りに来た人があったもんだよ。」
お守りしているおぢちゃんがゆっでましだ。

今でも時々
耳に詰めた綿らしきもんが
おっごぢでるとか…

ほんで
これから“みんラヂ”に行っでくっから
みんな聴いどごれねぇ(^^)/

足利周遊記エピソード3

次に行ぎましたのが
徳蔵寺さん
わだくし
5年ほどまいに行ぎ見して貰った事もあり
ご住職とも暫し話をさせでいだだぎました。

こちらは
当寺の御自慢?!513体の五百羅漢様

IMGP4326.jpg

きっと貴方に似ている羅漢様に会えるはず…

ほんでもって
川もこうの星の宮神社

ほれ、虚空蔵菩薩様だけにウナギが彫られています。
IMGP4333.jpg

これ、中国の故事に因んだ彫り物

IMGP4331.jpg


IMGP4332.jpg


IMGP4334.jpg

地租改正の絵図
役人が調べに来たり、遊郭を事務所にしたり
こんだけのものは
日本に二つとないとか…
IMGP4335.jpg


IMGP4336.jpg

足利周遊記エピソード2

さて
皆様ごぞんぢの足利学校です。

IMGP4305_20121127083032.jpg

なんとゆっても“かな振り松”
これは当時の校長先生が夜な夜な漢字の読みをおせてた
とゆう言い伝えがあります。

IMGP4309.jpg

ユルキャラも
漢字検定を受けてます(^^)

IMGP4312.jpg

裏庭も素晴らしい

IMGP4313.jpg

こしゃったのは
足利義兼とも小野篁ともゆわれていますが
小野篁はこのお方です。

IMGP4316.jpg

東郷平八郎さんも来てます(@_@)

IMGP4317.jpg

孔子の教えである“足る”をおせるための
「宥座の器(ゆうざのき)」
傾いてんのを水を注ぎながら直すんだけんど
うまく平行になんない(>_<)

IMGP4314.jpg

足利周遊記

きにょう
わだくしは、足利に調査に行っで参りましだ
と、ゆうのも
主な文化財が一斉に見られるイベントだったんです。
久方ぶりの鑁阿寺さん

裏門から入っと
IMGP4289.jpg

時子姫を祀った蛭子様

IMGP4290.jpg

義兼の誤解を受け
殺された薄幸の姫様…

IMGP4292.jpg

お厨子の中に何があんのか…

IMGP4291.jpg

庚申様も人山の黒だかり・・黒山の人だかりでした^m^

IMGP4293.jpg

足利氏の御廟です

IMGP4296.jpg

正面に回ると、しかし、立派だねぇ!
観光客だの七五三だのいっぺぇいだねぇ。

IMGP4302_20121126110427.jpg

法要の最中だった

IMGP4303.jpg

このおびんづる様とは
夜には会いだがねぇ!

IMGP4304_20121126104938.jpg

多宝塔の前にはすんごい公孫樹があって
みんなキャネロンデアスしでましだ

IMGP4301.jpg

その多宝塔がこちら

IMGP4300_20121126104942.jpg

わだくし
今回、一切経塔にも入れてむらいまして
2000余の経典が納められでいるとゆう
八角の輪蔵(経典をしまっとく棚)を回し、これらの経典すべてを読みおやし
今後の人生のパワーを補充して参りましだ。
IMGP4322.jpg

ほんでこの後
足利のキャラクターにいざなわれ
足利学校に参ります。

IMGP4311.jpg

足利学校の後は徳蔵寺、星の宮神社、耳だれ地蔵
木村家住宅、樺崎八幡宮、磯山弁財天
と続きますが…御報告は後程ウエブで!

専称寺(時宗)さんの阿弥陀様

わだくし
昨日は伊王野の専称寺さんに
国宝の阿弥陀如来様、脇侍の勢至様をみして貰いに行ぎまして(観音様は行方不明)
歴史に詳しい
ご住職から説明を受けで参りましだ。

このおでらは
時宗のおでらです。
他力本願で、お念仏を一生懸命やっと
成仏できる!とゆうような(*_*;

ほんで
お清めに塩を使わないとゆう作法に
またまたびっくり!!

栃木は真言宗が多いので
そこに常識を繋げっちゃうけんど
やっぱし
勉強と視野を広く持たないといけませんな(@_@;)

国宝の阿弥陀様は
震災の時も御無事で扉に寄りかかって
落ちなかったそうですよ。

来年
施餓鬼の時(4/17)にも、みして貰えるそうですよ。

専称寺さんはこちらも

おかんぢち

わだしのすんでっとこの近くに
“おかんぢち”
っつうとごがあります。(ちなみにわだしはおかんです!)

昔はそこに滝があって
天気が悪くなる前夜には
音が大っきくなんで
そこらの人は滝で天気を占ってたんだって。

ほうしてそこには
今、お堂があって
お不動さんを始め
数々の仏さんが、祀るとゆうより置いてあんだよねぇ。
IMGP4167.jpgお釈迦様やらお不動様やら…

IMGP4168_20121120194405.jpg大日様とか薬様とかもいらっしゃるんかな?

IMGP4169_20121120194405.jpg剣と宝珠をお持ちで!

IMGP4170_20121120194404.jpgこれは古いお方!寛政って彫られてますな

IMGP4166.jpgお堂の中にはお不動様がいんだよ

ほんで
帰っときめっけた座り地蔵様
IMGP4175.jpg

IMGP4176_20121120194407.jpg
娘と同い年!!平成生まれのお方でしたヽ(=´▽`=)ノ

音っくり

最近
わだくし晩酌に意欲的でして…

この時期
日本酒がいいよねぇ~~日本酒が!!

んだけっと
一個しかねがったトックリが震災んどぎおっかけっちゃって
なんかいいの一個欲しいなぁと思っていたんだよね(^^)

ほんでそんなどぎ
益子さ行っだんで色々見てたら
「あ、そうだ。音っくりってのがあったなぁ!」
って思いだし
倉庫を探したら出てきたんだけんど
・・・でか過ぎ(+o+)
IMGP4284.jpgとくとくとくとくお得!!って音がするんだよ。

いまっとちんちゃいの探すか…(-。-)y-゜゜゜

円通寺(浄土宗)さんに鬼の爪はあるのか

今週の火曜日に
益子の円通寺(浄土宗)さんに行っでみましだ。

目的カクテキは
強欲婆が鬼に連れでがれそうになったどぎ
払子で払われ
残しでいっだ“爪”の存在を確かめる事だったんだけんど
残念な事にご住職は不在…

またくっか(;_:)

ほんでも
このおでらすんごくでかいし素晴らしくっで
行っで良がった
IMGP4258.jpg三文ではとでも造れない山門

IMGP4256_20121116095949.jpg

IMGP4259.jpg石段を上がって行ぐと…

すぐに目に着くのが
IMGP4261.jpg朱塗りの観音堂と

IMGP4263_20121116095947.jpg本堂の前の香炉?

IMGP4264.jpg細工が凄い(@_@)

さらに上がって行ぐと…
IMGP4272.jpg今でゆう図書館だ!

IMGP4270.jpg

IMGP4267_20121116100010.jpgお釈迦様、起きてくだせぇ!!

いい時間といい気分に浸れましだよ(^^♪

円通寺さんについてはこちらも

きにょうのみんラヂ

益子の西明寺(真言宗)さん

行っちゃいました!!
今回ちょっと遠出の調査。
益子の名刹西明寺(真言宗)さんと円通寺(浄土宗)さん

まずは西明寺さんだけんど
ここのおでらでは是非見らして貰いたかったのが
笑う閻魔様!!
迫力のある閻魔様です。両側にある善童子とお地蔵様、悪童子としょう塚婆。
おばちゃん、いい味出てるでしょ?
悪い事やんないようにしようとゆう気になるでしょ??
IMGP4229.jpg

IMGP4221_20121114081015.jpg奥にいらっしゃるのがお地蔵様

IMGP4230.jpg奥にいらっしゃるのがショウズカ婆(怖)

ほうして
この三重の塔
これもひっそりと、しかしずっしりと
存在!すんばらしい!!
IMGP4245.jpg

IMGP4239.jpg本殿のとこにおびんずる様が

IMGP4242_20121114081030.jpg加持祈祷を行った跡

IMGP4232.jpg800年も生きてる高野槇

IMGP4233.jpgの解説

なんでも、確かおしょう様が医者様で、
終末医療に熱心だったよねぇ。

高館山の中腹にあります。
是非、行ってみて!

益子の西明寺さん

正浄寺さんを訪ねる(其の2)

きょうは
遂に正浄寺さんで行われる報恩講
入れでむらいましだ(^O^)/

まずは御絵伝の絵説きを
ご住職が唱えて下さいましたが
ほんと唄うような節をつけて
または
お経のような抑揚をつけて
小いちちかん解説して下さいましだ。

わだしはきにょう大まかに聞いでいたので
なんとなく解りましだが
理解すんのはちいっと難いかも(+o+)
IMGP4207_20121109175254.jpgこれが親鸞上人の生まれた時から亡ぐれるまでの絵です。

そのあと
夜にやる念仏とゆうのを
雅楽と共にやって
IMGP4210.jpg一冊づつ配られるんだよ。素人には出来ないけんどね。

IMGP4213.jpg雅楽の奏者

IMGP4212.jpg真ん中のダルマロウソクが凄い!焔が段々高くなる!和ろうそくの特徴なんだって!

ほうして、法話を聞き
最後は
福引き(ボーリングゲームとゆう方が近いかな?)と
小豆粥をごっつぉになりましだ。
小豆粥って生まれて初めて食べたんだけっと
うんまかったねぇ!(^^)!
ほうしてこれが親鸞上人の好物だったなんて!!
2ん度びっくり!!

こうして
親鸞上人の通夜の夜が過ごされ
明日は本葬って事。

ご住職が何度も何度も
「ようこそお参り下さいました。」
ってゆってたけんど
主にそうゆわれたら、お参りして良かったと思うよねぇ。
他のおでらと微妙に違うわねぇ。

わだし
なんだか浄土真宗、好きになっちゃった(*^_^*)

正浄寺さん(浄土真宗)を訪ねる

佐久山の
正浄寺さんでは
明日から二日間報恩講があります。
IMGP4209.jpg

IMGP4192.jpg

以前にお伺いしたどぎおせでむらっだ
川越山正浄寺の川越の由来である
孫八さんが描いてむらった阿弥陀様を見せでむらいだいと
お伺いしましだ。

と、
残念ながらこの帛は21年に御開帳になったのを最後に
50年に一度にされたんだとか。

でも
このお話の掛け軸は見せでいだだけますよ(^^)
IMGP4200_20121109175223.jpg親鸞上人が大川増で足を止められ孫八さんちに泊まることに…

IMGP4202.jpg幾日かの逗留

IMGP4205_20121109175255.jpg水が落ち着いて川を渡った上人様に「何か」とゆったところ向こう岸から弥陀様を描いて下すったのです。

それから暫く経って、この付近に流行り病がまん延したどぎ
岩井村だけは病が入ってこなかった…
IMGP4204.jpg弥陀様のご利益だ!ってことでお参りに来る人がいっぱい。
その後弥陀様が勝手に売られてしまった事もありましだが
ちゃあんと買い戻され正浄寺がでぎましだ。
IMGP4206_20121109175255.jpg今までの話がこの掛け軸に描いでありますよ。

明日、明後日は
雅楽や行ってみっと楽しい時間が過ごせます。

ご住職もきちんとした方で
色々よくおせでくれます。(きょうはわだくし、真言宗と浄土真宗の違いをおせでむらって目から鱗)

皆さん
行っでみで!!

野沢寺光明寺(真言宗智山派)さんでライブ

きょうは何時も通り
みんラヂのほうそがありましたが
こちらがみんラヂ

其の前にここ
うづのみやの野沢にある光明寺さんで
ライブをやらせでいだだぎましだ(^^)v
IMGP4194.jpg大般若の前にやったんだよ。

IMGP4195.jpgおでらの東っ返しにある六地蔵さんです。

IMGP4196_20121108213537.jpgこのお地蔵さんは身代わり地蔵さんとゆいます。いわれまでは聞けませんでしだ。

IMGP4197_20121108213539.jpg江戸時代のお生まれ…年代をかんじますなぁ。ほとんとのっぺらぼう(@_@;)

きょうのライブは90点か?!
笑ってくれたおばちゃらありがとう❤
笑わなかったおじちゃらさようなら\(=ロ=)
…って失礼しましたヾ(´▽`*)

ところで、このおでらには
静桜の民話にまつわる
薬様があんです。う~~ん!みしてもらいだ~~い(>_<)

乙連沢の愛宕(わたご)さん

こないだ初めてお邪魔しだ
乙連沢の八幡宮だけんど
裏にあったちんちゃいお地蔵様は
実はわたご様だったんだよ。
IMGP4206.jpg

この八幡様はいまっと西にあって
移動してきたんだけんど
このお地蔵さんの祠の屋根んどごの隙間には
白くて親指っ位の蛇が2匹棲んでいたんだって。

昔、此処の地域の女の人を嫁様にむらった黒羽のおどごの人が
この蛇を殺したらしいんだけんど
嫁様の実家が焼けて無くなっちゃったんだって。

わたごさんって
火防の神様なんだがら
なんかあんだんべ。

古八幡様から今のとこに移す時
はけごに入れで
蛇も連れてきたって。

今もどっかにいんだべか?


博物館の尊氏展

きにょうの事
娘をうづの宮に送って行ぎながら
餃子祭りを見てこようと城址公園さ行っでみだら
渋滞でいごけなくなり…

やんなって
時間潰しに博物館の足利尊氏展を
見に行っでみると…
ここも車がいっぱい(愕)
どうにかこうにかPに入れ

入ってみだら文化の日で無料だったんだ(^O^)/

入口正面には
尊氏の等身大の木像

他にも尊氏さんの顔ってスペアがあったんかと思うほど
色んな木造があったんだよ。魂消た!!

尊氏は元を正すと
あの有名な八幡太郎義家の子孫
源頼朝や義経の子孫だったんだね。
改めてビックリ\(◎o◎)/!

とはいえ
自分の身内のおっ立てた鎌倉幕府をぶっちゃし
南北朝を経て、新しく室町幕府を作っちゃうつう
凄い革新派だったんだねぇ。

この度の展示では
700年も前の尊氏の直筆の手紙や
持仏、刀(髭切丸)、直筆の地蔵の掛け軸
などなど見ごたえのあるものばかり。

特にわだし的に
「矢拾い地蔵さん」に心惹かれましだねぇ。
尊氏の弟だったかな?戦いの最中に矢が付き果てたどぎ
拾い集めだ矢を持ってきてくれだ子供が
この地蔵さんだったって。
ご尊顔を拝しでいると
心を持っでいがれっちまいそうになって
ぐらぐらしたよ(@_@;)

そうそう
鎌倉公方、古河公方、喜連川公方とゆわれている人達も
尊氏の子孫で
関東勢として幕府の出張所の役目をしてだみたいね。

兎に角
見に行って損はないわね。

中は撮影禁止だったんで
撮影おっkのこちらをどうぞ(@^^)/
IMGP4188_20121104210856.jpg

IMGP4189_20121104210855.jpg

IMGP4190_20121104210841.jpg

IMGP4183_20121104210841.jpg

IMGP4184.jpg

IMGP4185_20121104210840.jpg

IMGP4186.jpg

IMGP4187.jpg
癒されるぅ~~


今週のみんラヂ

今週も
有り難うございますた!

お陰さまで
ラヂオコントも大うけヽ(=´▽`=)ノ

役に徹して、ゲロまで吐いっちゃいましたぁ(ーー゛)

今週のみんラヂ
プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード