おどづいの話

おどづい、藤原のおぢちゃんどこに むがしの事を聞きにいったんせ。
このおぢちゃんのおじいさんは 日本で300人目のドクターだったんだってゆうがら、ほんとに優秀だったんだんべね
さて、藤原(現・鬼怒川)では当時発電所をこさえでいだんで そこさ渡る為の橋を自分げでこしゃっておいたんだと。ほんで立て札を立ででおいたんだそうだよ。「馬1頭に米俵2俵以上渡るべからず」ってね。
 ところがある日ものすごい音がして橋がおぢっぢまった。馬2頭連れだ人が大事だんべと わだっちまったんだと。人は助かったものの馬は流され死んじまった
渡っだ人の方が悪かんべぇと思うんだけんど、このおぢちゃんちで100円の賠償金払ったんだそうだよ
当時100円は大金で「こんな思いすんなら土地は はあいんね!」っつうんで橋向こうの土地は手放したそうだが 昔も今も 何ごどかおきっど 結局金なんだわね~ 
 はぁ~ 

え、えんじょ・・・

炎上、っつう言葉が出てくんね。新聞だのなにっかに。吉原であったやづ?ちがうね! 
 むがし、お江戸であった火事っつうど振袖火事が有名だけんど、・・えっと~ 八百屋お七のと 死んだ娘の振袖供養が発端のやづとだねところがその振袖火事がすんずめの宮にもあったんだ
 むがあし、女郎に売られだ娘がいだと。年季が空けようっつうその日に おんつっまがきてまあたお金を借りてっちゃった。そんで年季が延びだんでやけになったお女郎が、酒に酔って行灯を蹴っ飛ばし火事を起こしっちまったんだ折からの強風に煽られで そごいらじゅうが焼けっちゃたつうよ。
男体下ろしは強えぇ~かんね それでも宿の人らはこのお女郎を哀れんで供養の為の地蔵さんをたでたんだって それが安塚にあんだっつう。まだ行けねぇでいんだけんど近いうち行ってみんべ。

立春大吉

IMGP0462.jpg

立春大吉、うちの亀吉旧正月も過ぎて段々と春が近づいてきてるよねところでこの亀にまつわる昔話も色々あんだが、めでたいのは鶴と亀だ。これは初めて話を聞いてくれる人んどこにいぐと必ずくっちゃべる話なんだけんど “鶴と亀がいでぇ、鶴が亀の嫁様になりでぇっつうわけ。ほんで、『なんでわだしの事やなのう?首が長いがら?足が長すぎるがら?』って聞くんだよ。そうすっと、亀がこだえんだ。『いんや、俺はそうぢゃねぐって鶴は千年、亀は万年っつうがら あんたが死んじゃったその後で九千年ものその間、一人でいぎでいくのがそれがやなんだよ。』ってゆっだんだとよ。”おしまい

いまいぢの・・・

今市の障がい者の就業支援の施設はばたきっつうどこあんだけんど、そこから会報が来たんだよ
ここは理事長の広瀬さんっつうおどこの人が立ち上げた施設なんだけっどもが、今でさえ充実もしたし、支援の輪がひらがったけんど 最初の頃は本当に大変だったみだいよ。 一人の人が始めた事にいろんな人や企業やなんかが できっこどで応援した結果が、今あるはばたきの姿なんだんべね。わだしなんかたいした役ただねぇのに こうして便りをおぐってくれる「スタッフ~」の皆さんには感謝感激雨あられだぁ
お互い、がんばんべ今後も応援できっごどあったら いっとごれね~
プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード