昨日という昔

きにょうはよ、久しぶりにCRTの民話でラジオカーの中継に出たんだよ今回は日光方面にいぐごどにしたわげなんだが、とにかぐこっつぁむいし口がまわんねぐなった。とうほぐの人らはあんまし くぢひらがねようにすんで言葉がみじっかいんだってきいだごどあっけんどもほんとだわねぇ。ほだけんども紅葉はきれぇだったし、久しぶりに吉田のおじちゃんだの金子のおばちゃんだのにあえでよがったよ。中継聞いでてくれだ人にはわかっだんべけんど、吉田のおじちゃんは切れ目なぐ話すもんで 話をとっけすのに骨折れだぁ大笑いだ

先月の話だけんど

IMGP0262.jpg

先月の話だけんど、久しぶりに伊王野の北向き地蔵さんとこに行ってきたよ。すぐ近くの道の駅でそば打ち体験っちゅうのをさして貰ってさ、その帰りに父ちゃんと娘と一緒にお参りしたんだよ。                
この地蔵さんには悲しいいわれがあんのせ。富士山の噴火で土地を捨てなぐればなんなぐなった親子が 此処までやっとたどり着いた。んだけんども、おりからの雪だ山形の米沢をめざしてたこの人らが
土地の人に「此処から米沢まではまだ遠いんでしょうか?」と聞くと
「なんだ米沢ならここんとこいくと はあまもなくだぁ」ちゅうんだよねぇ。
喜んで 言われた道を親子は進んでいった。次の日の朝っぱら 山ん中の米沢ちゅう沢で、凍え死んだ親子が発見されたんだ米沢違いの起した秀樹・・・い、いや悲劇だったんだほんで土地の人らが哀れに思って親子を埋めたシャカド山に向けて建てたのがこの地蔵さんなんだそうだ。親子の為にしてはでかいけんど、これは近くで芦野石が取れて川で運ぶのが容易だったからだと、近くのおじさんがおせてくれたよ

こんな話しってけ?

さづまのうんまい季節だねぇ。うぢのはだけでも近所の人がこさえた芋がとれて、おすそわけ貰ったんだよ。ふかして食べるのもよし、天ぷらなんかもうんまいよねぇ とゆうわけで、芋にまつわる話すっぺね。むがし、じいさまとばあさまがいで じいさまは山に柴刈りに ばあさまは川に洗濯に行ったんだと。ほすっと川上からでかぁい芋が流れてきたもんでよ、それをひらってきたんだと。そんで芋を茹でたっけがあんまりうんまげなんで じいさまに食わせねで 自分でみぃんな食っちゃた。したら屁ぇたれたくなっちまってよ、たれたっけが それがじいさまんどごさ流れていって じいさま、柴を刈らずにクサカッタ ちゅう話があるわね ・・・ほんとかよ
プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード