稲荷山の権兵衛稲荷

稲荷山の名だたる由縁か?
稲荷神社がありましだ。
DSCN0901.jpg
狐が彫っである。
DSCN0902.jpg
御神木が戦火を見たのは150年っ位前。
DSCN0903.jpg
嘉永年間の石像
DSCN0904.jpg

小堤の香取神社例祭

茨城空港に着いたのが8:45頃
さて
大田原市にかえっぺ。。。
ところが
小堤っつうとこで秋祭りをやってんぢゃないの?!
やっぱし
スルーなんてするー気になんないよねぇ(^O^)/
っつうことで
お寄りしたら
「此処には香取神社と天満宮の二社が祀られてんだよ。」
とのこと。
ありゃ、本社の太宰府天満宮の御縁じゃろか???
ふんで
(来年の8月13日には盆綱引きを見にきたい!!)と思いましだ
DSCN0879.jpg

DSCN0881.jpg

DSCN0882.jpg

DSCN0884.jpg

DSCN0890.jpg

DSCN0888.jpg
帰んのがすっかり
遅ぐなっちまった(≧▽≦)

奥の宮は胞衣ヶ浦

宇美八幡宮の奥の宮に行ぎましだ。
本殿から5、600mくらいでしょうかね。
DSCN0850.jpg

DSCN0851.jpg

DSCN0852.jpg

DSCN0853.jpg

宇美八幡宮に行ぐ

宇美八幡宮には
子宝や安産を願いに行きます。
なぜなら
ここの奥の院にあんのが
応神天皇の胞衣を埋めだとゆう“胞衣ヶ浦”だからです。
ほんで
まさしく仲哀天皇の妻、神功皇后の“産み”に掛かっていんだと思うわけです。
鳩の数とご神木の太さには
脱帽です!!
DSCN0828.jpg

DSCN0829.jpg

DSCN0831.jpg

DSCN0832.jpg

DSCN0835.jpg

DSCN0834.jpg

DSCN0840.jpg

DSCN0841.jpg

DSCN0842.jpg

DSCN0843.jpg

DSCN0844.jpg

DSCN0846.jpg

太宰府天満宮へ(4)

天満宮裏の天開稲荷様にむかいます。
DSCN0785.jpg

DSCN0784.jpg
社裏には岩屋の本殿?
DSCN0786.jpg
此処にあるのは生まれ年の鈴
DSCN0783.jpg
あづかっだんでソフトクリームなどいだだぎましだ。
DSCN0789.jpg
わだしと娘で梅ソフト。梅肉入り。
DSCN0790.jpg
飛梅
DSCN0792.jpg
境内をみっと白いおみくじ舎が。引いでみたっけ“中吉”でしだ。
DSCN0793.jpg
プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード