金花猫大明神(独鈷沢)

三依の独鈷沢には
弘法大師ゆかりの沢があんで
こうゆー地名になったんだとか。

通り掛かったワダシの目ぇに石碑と立札が。
DSCN0350.jpg

DSCN0351.jpg
江戸の終わりっころにその事件は起きだ。
お江戸に向かっていだ殿様の行列のマイを
一匹の猫が横切ったんだと。
ほんで
家来が無礼者!!てんで切り殺したら
そのあと、殿様が訳もわがんなぐ
熱にうがされだ。
医者だ薬だと騒いでもよぐなんなぐっで
最後は拝み屋さんに聞いだどごろ
「猫の祟りだ。」っつうごどになっで
家来が此処まで来てよ、土地の人の名前で供養塔をおっ建てだところ
殿様も救われだんだって。
いがっだなや。おっちんぢまわなぐっで。
DSCN0353.jpg
向かいの山葵屋さんのおばちゃんに聞いたどごろ
「独鈷沢の水は鉄道こしゃったんで出なぐなっちゃったんだ。
却って流れがこの先の吉沢(?)の方にいっちゃったんだよ。
ザーザと出てるわ。」
との事。

人間なんてラ・ラ・ラ・ラララ・ラ~ラ…。

宗隆寺にいぎづぐ

与一の位牌があったおでらだった,
そしで
親鸞上人のゆかりの地で
庵のあったどごだともゆわれる
宗隆寺跡
持ち主のおぢちゃんおばちゃんによっと
震災ん時におっ倒れたりしたんで
一ヶ所にあづめたんだとか。

いわれについでは
あんましよぐは伝わってないっで。
DSCN9842.jpg

DSCN9843.jpg
悪狐を退治しんのに
親鸞上人をお泊めした
渡辺さんげって、お尋ねしたうぢなんかな?
そんな気が…。

悪狐を封じ込めだ塚もあって
念仏塚ともゆわれでんだよ。

院口の清水を探す

那須与一が
屋島の合戦から帰った後
癩病(異説あり)になっちゃたんだって。

ほんで
それを治す為に
此処に出てるお水でヒナタの米を炊いて食べさすと
容態がいぐなったとかで
えんこうの清水っつう名前が付いだんだそう。
ヒナタっつうのは
蛭田の事だとかなんだとか…

その清水がこちら。
DSCN9844.jpg

DSCN9845.jpg

DSCN9846.jpg

DSCN9847.jpg
ながながめっかんねぐって
しゃあなぐって知り合いの永井のおぢちゃんに案内しでいだだぎ
やっといぎついだよ。

ほしたらなんと!
ここは中○さんげの庭っつあぎ。
めっかんないわけだ

なんでも
むがしは水もよぐ出でだんだけっと
震災の頃から出が悪くなって
今ではチョロチョロになっちゃったんだって。
「病気んなっだ時、お粥なんか煮て食べたりしたんですか?」
と聞いでみたっけ
「そんなことはしないよ。」
と、まぁ、と~ぜんのお答え(^O^)

そんなこんなで、おばちゃんが帰りに
「やっこいから食べてみな。」
って、ネギをいっぺくださいましだ。
福原の人は優しい!!

弘法の衣替え

その
白河のおぢちゃらにおさった
弘法の衣替えの清水
DSCN9652.jpg

DSCN9651.jpg
おそらく
むがしはまっと、こんこんと
清水が湧いでだんだっぺね(^o^)/

羽黒山の下の お母石

お母石を見に行ぐことにしたのはいいんだけっと
あれ~、どこなんだか。。。
しゃあない、ここらで聞ぐか。

ほんで
お聞きしたうぢのおぢちゃんが
「あすこは、いかさんねど。一緒に行っでやっから」
っつうことで
案内しで貰いましだ。
DSCN8999.jpg

DSCN8998.jpg

DSCN8993.jpg

DSCN8994.jpg

DSCN8995.jpg

DSCN8996.jpg
親切に山まで案内してくれだ中山さん
DSCN8997.jpg
中山さんげは あの、藤原利仁の家臣だそう…。

お母石っつうのんは
むがし、ここらを旅していた観音様とその子供が
ここで一休みしだところ
石に足跡がついちゃっだんだとか。
ふんで泊まったうぢの人に
「ここらで夜泣きに困っている人がいだら
この石に、もみ殻を上げてお願いしっと願いがかなぁよ。」
とゆっで旅立ったんだっつう。
プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード