浜田正司の家

益子に行っだので
浜田庄司の家にも行っでみましだ。
ここは
益子陶芸美術館の同じ敷地にありますが
案内図を見なければスルーっとスルーすっとこどっこいでした。
まさしぐ日本家屋で庄屋クラスのでかさじゃないですか!
じいちゃんちを思い出します…。(暗に良家の出と言いたい(笑))
DSCN1564.jpg

DSCN1565.jpg
かまど。ブルボンは…ルマンド(≧▽≦)
DSCN1566.jpg

益子には
皆川マスさんとゆ~山水画の有名人もおったんだわね。
DSCN1568.jpg
浜田さんは達筆でしたなぁ…。
DSCN1567.jpg

ほんで
この後、益子焼のお店を巡ったんだけんど
芸術は芸術、生活は生活だなぁ、とつくづく…。

当大田原市から舞子はん

知り合いのおgちゃんから
「親戚の子が舞子をやってるんだ。法事でこっちに帰ってくるから
舞を見にこないか?」
と、連絡を貰ったのは今月初め。
丁度お休みをとって
歴史講演を聞きにお隣の県さ行ぐ予定だったんで
「途中、座を外して、大急ぎで帰ってきます!!」
と予約して、約束のふれあいの丘さふっ飛びました。
10分っ位なんてゆっでたけんど
とんでもない!!
4曲も舞ってくれて、質問コーナーもあっで
帰りにはお金が舞妓んでくるっつう
千社札までもろて
「うち、幸せドス~~(*^-^*)」
ふく那ちゃんはナント!京の舞妓80人の中の
トップ3!
トリノの路面電車の車体に描かれ街をマインチ
行ったり来たりしてんだよ(≧▽≦)

19歳の彼女の
初々しくも凛とした舞…心が洗われる~~!
DSCN1546.jpg

DSCN1547.jpg

DSCN1549.jpg

DSCN1550.jpg

DSCN1551.jpg
と~ぜん、2ショット、イグでしょ!!
DSCN1542.jpg

尊徳さんの墓

尊徳さんの墓のある蓮城院さんに行っでみましょう。
陣屋経由桜町二宮神社経由です。
ガソリンも軽油も使わずあるっていけます。
DSCN1405.jpg

DSCN1400.jpg

DSCN1398.jpg

DSCN1399.jpg

DSCN1401.jpg
尊徳さんの墓
DSCN1402.jpg
尊徳さんの娘さんや慕っていた方々の墓も一緒
DSCN1403.jpg
寂しくないやね。
DSCN1404.jpg
娘の文子さんは産後の日立ちが悪くっで30歳っ位で亡くなっでいます。
尊徳さんは其の三年後に亡くなりましだ。
子の葬式を出す親の気持ちは
計り知れないね。。。

桜町陣屋

二宮町って
尊徳さんゆかりの町なんだよ。
DSCN1388.jpg

DSCN1389.jpg
陣屋の天井
DSCN1390.jpg

DSCN1391.jpg
罪人を裁く?!
DSCN1392.jpg
奥は客間
DSCN1393.jpg
帰っできた尊徳さんが足を洗った池
DSCN1394.jpg
尊徳さんは
小田原からこっちに派遣されて来だどぎ
10年間は何の報告もしなくっていいから
好きなようにやっていいってゆわれで来だそうな。
おまけにマエ年、お米や活動資金を送っでもらっでいだそうな。
そんでも
怠けるどごろか
朝はいぐに出掛けていっで
夕方かイっでくっと 書き物をしで
いちんち4ちかんしか寝ない生活をしでいだそう。
体はデカグ働きもん、尊徳なしに働いだ金次郎さん。
スマホの普及で
歩き読みの像がこしぇらんなぐなるなんて
皮肉にも程があるっつうのヽ(`ω´*)ノ

じいちゃんの妹は98歳と8ヶ月

中々面会さ行けない状況(T_T)
んでも、時間が出来れば元気な顔を見に行ぐんだよ。
DSCN9564.jpg

おばちゃんのゆーことには
「私ら、はぁもう、死ぬっつう事は全然おっかなくないんだ。
たぁだ、寝てんのとおんなじだと思ってんだよ。」
っつう。
こなっくらいの覚悟は
こなっくらいの歳になんねと
出来ないんだないかなぁ。
プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード