1月矢板武記念館に~2月保晃会碑さ

折角
矢板に行っだんだから、と
矢板の図書館に行ぎ、館長と話しをしてきた帰り
久しぶりだから
矢板武記念館に寄ってみましだ。
保晃会については 那須風土記の丘の木村館長に
おさっだので大体はわかっけっと…。
DSCN1247.jpg
葵の御紋がはいってんね。
DSCN1251.jpg
はるになっと桜の木が
バックライトじゃなくってライトアップすんだよ。
DSCN1252.jpg

と、これは1月の事。
現・2月ですけっと
せんに10日には、日光観光大使の集まりがあり
高藤先生に東照宮を案内して貰あ事になっでおり
早めに行っで輪王寺さんの宝物館の中にある
犬型の湯たんぽをみして貰ったんだよ。

そんで
保晃会の碑も見っかと。
雪ン中いっでみたとこ、ヒッソリカンと建っておりましだ。
かんなりでかくって5mっ位はあんでないの?!
DSCN1315.jpg

DSCN1312.jpg

DSCN1313.jpg

この後
知られざる東照宮を堪能し、かつ経験した(特別室に)のであります!

唐桶溜の雨乞い石

下高根沢の唐桶溜(カロケダメ 注※カラオケダムではありません)に

ゴ~~!!

本日の調査はここの石なんだから。

っつうか!
ここさいぐ前、すんごくいい事があったんだよねぇ。。。
この歳で友達が増えるってある??
っつうか
「友達になって頂戴」
ってゆわれる??
「またおいで」でもなく、「お茶飲みにおいで」でもなぐ
「友達になって」
って、ゆってもらえるって。。。
わだしなんかよりずっと年上で、倫理観もあって
経験値高くっで、世界観あっで。

非!常!!に嬉しい~~!!
尼僧のお友達が出来ました(*^-^*)

そんな感動持ちながら
唐桶溜
こん次は、土地の名士 岡田家の方にお会いしたい!
岡田さんは引水と鯉の養殖に力を尽くしたんだね。
DSCN1294.jpg

DSCN1295.jpg
これが雨乞い石
DSCN1299.jpg

DSCN1298.jpg
裏には公園があんだよ。
そんでジェットコースターならぬジェット滑り台さ乗ったどころ
皮ひんむけで豆できで筋肉痛になりましだ!!
DSCN1303.jpg
あ~~!楽しがった(´▽`)

埼玉飛行場の格納庫跡

13日付の
下野新聞に載ってだ
埼玉飛行場の格納庫跡を見で来ましだ。
こりゃまた
随分人がいんなぁ…それもそのはず
あと、1週間でぶっこわされっちゃうんですもんね。
ふんで
そのあたりの道路は滑走路になっでだり
掩体壕があったりすんで
土地の人らにお聞きしながら
ぐるっと回ってまいりましだ。

DSCN1224.jpg
コンクリの粗悪さ。原料が無かったんだべか?
DSCN1225.jpg
ほんでも、基礎はしっかりこしゃってあんだよね。
DSCN1226.jpg

DSCN1227.jpg
道の端にある記念碑
DSCN1228.jpg
外周路走って、たまたま塩野崎の医王寺さんとごに迷いこんで
掩体壕跡をおさる。ラッキー!!
DSCN1230.jpg


東野鉄道の遺構を探す

東野鉄道については
ここ、大田原市のむがしに欠かせない感がありますが
詳しく知る人がドンドン死んでっちゃう時代に入ってきだと思われ
わだしもなんかやっとかなきゃ
っつう気持ちがありましだ。
那須与一伝承館の〇藤さんにも刺激を受けで
わだし、探しにいぎましだ。

そしたら
栃木放送を聴いででくれでるおぢちゃんにデッカセ
「さとう もと子なら何でもおせでやる!」
とゆ~、有り難いお言葉を頂いて
とうとう!!めっけましだ。
ガッツポーズ
むがしは線路道。今は住宅地。
DSCN1211.jpg
川ん中に遺構あり。
DSCN1213.jpg

DSCN1214.jpg

DSCN1215.jpg
南っ返しにも橋脚の名残が。
DSCN1216.jpg
おぢちゃ~~ん!あんがと~~!!

御判石を探しに行ぐ

昨日
下野新聞に載っでだ
「御判石」
っつうのが、是非見だい!!っつうことで
今日の良き日を選んで五十里さ行っでみましだ。
お正月前から
ぶっ通しで働いで 結構きつくなっでだけんど
それとこれとは別!!

ほんで
下野の記者さんに場所をおさりおさり
やっとのことめっけだんだけんど
こういった物好きはわだしっ位かと思いきや…
探し回るおじちゃんおばちゃんに結構会いましだよん!

まずは御判橋を探す
DSCN1185.jpg
そっから見ると…
DSCN1187.jpg
下っ側の雪の乗っかってるのが「ごはんいし」
DSCN1186.jpg
何でも
この石を堺に日光神領、宇都宮領、会津領に分かれでたんだとか。
五十里は山崩れで出来たでがい湖で
度々決壊を起こしでだわけ。
高木六左衛門の腹切りや、おしんぼ名主、弘法大師の民話は
そっから生まれだんだね。

わがい頃、旧道しかねぐって
よぐ 途中でチェーンを巻いで台鞍山スキー場に行っだ事
懐かしぐ思いだしましだ。
プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード