真理谷清雲の墓

大田原の湯津上の入山地区に
真理谷清雲の墓とゆうのがあります。
詳しくは分からないけど
いごかしたらと良くない事が起きたそう・・・。
DSCN0147.jpg

DSCN0148.jpg

唐の御所(その2)

さて
松の木を探しでるうち
こんな貴重な絵葉書を持ってるおばちゃんと
でっかせましだ。
DSCN0196.jpg

DSCN0192.jpg

DSCN0193.jpg

DSCN0194.jpg

DSCN0195.jpg
おばちゃんに聞いて、下にある横穴にも行っちゃった!!
DSCN0197.jpg
松の事もおせて貰いましだ。
松はおばちゃんのお父ちゃんが植えだもんで
テーラー松っつうんだって。
松ぼっくりがえがくってツンツンした棘の付いた松ぼっくりだよ。

唐土の妃?!

唐の御所
平の落人伝説だね。
久しぶりに行ぎましだ。
知り合いのおぢちゃんにゆわれだ
「見ようによって違って見える松」を探しに。
DSCN0178.jpg

DSCN0179_20170430212057221.jpg

DSCN0181_201704302120587d2.jpg

DSCN0184_20170430212100207.jpg

DSCN0186.jpg

DSCN0187_20170430212127e78.jpg

DSCN0188.jpg

DSCN0189.jpg

DSCN0190.jpg
松はわがんないまま。
けんど
ひさしぶりに唐の御所を訪ねたよぅ。

那須絹の行方

この那須には
宝道上人と吉林さんにまつわる
「那須絹のオコリ」
とうゆー伝説があんだけんど

その那須絹については
見た人も聞いた人も、東電、あ、当然
織ったっつう人にもでっかせず…
ほんとなんだか嘘なんだかも裸…定かではなかった
んだけんども~~

やっと
織ってたっつう人のうぢに行き合う事ができだんだよ。
夕方おぢゃましだんで、ゆっくら話はできなかったんだけんども
こん次がまたあっから!
きっといい情報が貰えると思んだ

福原八幡様への脇参道

福原八幡宮へいぐのに
今みだいな街道はなかったから
むがしはこの道で行っだんだよ。」
案内してくれだ永井さん。
DSCN9848.jpg
この畦も参道だった。
DSCN9849.jpg
この橋は
太鼓橋だったそうで金と銅ででぎでだ。
んで‟銅金橋(どうきんばし)”
雑巾橋ではないよ!!
八幡様信仰がすごかったんだんべか?!
DSCN9852.jpg

今の街道もむがしは一段低くなってで
両脇には杉が はいでだらしい。
むがしの日光の例幣使街道とおんなじだ!
プロフィール

さとう  もと子

Author:さとう もと子
世界でただ一人の民話漫談家(地域密着型体力勝負系リアリティ追求派だけんどもごじゃっぺ語り部)

口演の依頼などが
ありましたらお知らせ下さい。
(口演料、時間、内容などはご相談に応じます!)

またMC等もご依頼下さい。
090-5210-6610

ブログリンクを
張りたければ報告して下さい。

カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード